ネットワークサロンは、北海道釧路市にあるNPO法人です。2000年に障がい児の親の会を前身として誕生しました。
創設のきっかけは障がい児の親の会活動ですが、活動の中で障がい児の子育てだけではなく、地域の中には実に様々な暮らしにくさがあることに気付いていき、誰でもいつ自分の暮らしが脅かされてもおかしくない社会の問題に向き合っていこうと、分野や制度に関係なく、生活当事者による市民活動団体として活動しているのが特徴です。
ただ、もともとが障がい児者の課題からスタートしていることもあり、やっている事業としては障がい福祉のサービスが中心ではありますが、自立援助ホームや学習支援、制度外の若者支援、自殺防止のためのネットの居場所ポータルサイト「死にトリ」など、暴力や抑圧被害などによって権利を守られていない人たちへの社会参加の機会提供や心身の回復、自立促進のお手伝いなどにも取り組んでいます。実施事業はその時の地域事情や制度、つながる人たちのニーズによって異なります。詳しくは事業の紹介をご覧ください。

お知らせ

2024年4月17日【お知らせ】
「一歩踏み出したいワカモノたちと、ものづくりラジオ」の「エピソード:11 「まとめ回(前編)」ものづくりを続けよう。」「エピソード:12 「まとめ回(後編)」ものづくりは《くらしづくり》。」のポッドキャストが公開されました。

2024年3月30日【お知らせ】
「一歩踏み出したいワカモノたちと、ものづくりラジオ」の「エピソード:10 最終回。夜なべして豆を煮ました。」のポッドキャストが公開されました。

2024年3月24日【サイト更新】
ぽれっこ倶楽部の事業情報に令和5年度自己評価を掲載しました。

2024年2月27日【サイト更新】
「Zっと!Scrum(学習支援)」の事業情報を更新しました。
「資料・読みもの」を更新し、「生活者・市民が主体となって地域課題の解決をめざすを掲載しました。

以前の情報を見る

  • 制度改正に思う~制度は誰のもの?
    4月からの制度改正と報酬改定の処理がようやく落ち着きました。 事務手続きは少し落ち着いたものの、別に大きなもやもやを抱えることになりました。 というのも、福祉制度が制度を利用する人たちには全然理解され […]
  • 新年度になりました
    新年度になったと思ったら、あっという間に半月経っていました! 今年度は障がい福祉サービスの大幅な報酬改定があり、今、まさに体制届の提出のために書類と格闘しているところです。 また、賃金アップの施策推進 […]