コミュニティハウス冬月荘

コミュニティハウス冬月荘とは

コミュニティハウス冬月荘は釧路発祥の地、 米町に建つ「新しい地域福祉拠点」です。
日々、子どもや、お母さん、障がい者、学生、高齢者などさまざまな人が集い、遊びや語り合い、勉強や食事を楽しむ・・・そこから多様なナチュラルケアが生まれています。
また、地域の方や関係機関から冬月荘に持ち込まれるさまざまな地域課題を一緒に考え、それらのニーズから事業を実施しています。

大きな二つの特徴

誰でも来ることができる場所

冬月荘に来ることに条件は必要ありません。 現在も中高生や障がい者、親子サークルのお母さんや小さな子どもなどいろいろな人が集い、中には仕事をしている人もいます。

役立ち循環する場所

冬月荘では集う人、仕事をする人、住む人、それぞれの存在が役立っています。
たとえば、勉強に来ている学生が親子ランチに来た小さい子ども達と遊んでいる・・・、住んでいる人が仕事を手伝う・・・、大人が中学生に楽器を教える・・・そんな風に元気を充電し、ゆるやかに過ごせる場所です。

冬月荘ってこんな場所

集う

さまざまな日中活動事業を展開しています。
中でも「Zっと!Scrum」
(中3生の学習支援)
や「親子ランチ」などには小さな子どもから学生、大人まで多様な人びとが集まりゆるやかに過ごしています。

仕事づくり

親子ランチや事業所の給食づくりやお弁当づくりなど、厨房を中心に数名が働いています。住んでいる人が忙しい時に手伝ってくれるなど、ゆるやかに仕事が展開されています。同時に今後に向けての仕事づくりもニーズを掴みながら展開していきます。

居住

2階には個室が6部屋あり、現在数名が暮らしています。スタッフの手助け、託児の手伝い、中学生の話し相手になるなど、住むだけではなく、冬月荘に集う多様な人々と触れ合っています。