法人沿革と事業概要

 

1993年
3月 子どもの健やかな成長を願う「マザーグースの会」発足
1998年
9月 釧路圏の育児・療育ガイドブック「みんなのゴキゲン子育て」刊行
1999年
6月 「マザーグースの会」が「療育サロン」を開設(今の活動の前身)
2000年
4月 地域生活支援ネットワークサロン(任意団体)がマザーグースの会より独立。
障害児に関する相談、個別指導などと子育て支援事業を開始
6月 地元の学生さんと連携し地域生活何でもヘルパー「ゆうゆうクラブ」開始
12月 特定非営利活動法人(NPO法人)となる
  2000年度実施事業:
「子育て相談」「療育サロン」「親子サロン」「ゆうゆうクラブ
「市民活動連携推進事業」「講演会や学習会の開催」
「サマースクール・ウインタースクールの開催」
「地域福祉を考える公開ワークショップ」「チャリティー絵画展」
2001年
4月 小規模作業所「デイサロン ぽれっと」を新設し、障害者支援をスタート
7月 利用者の増加にともない「愛国ぽれっと」新設
2001年度実施事業:
親子の家事業」「療育サロン」「ゆうゆうクラブ」「市民活動連携推進事業」
「講演会や学習会の開催」「サマースクール・ウインタースクールの開催」
「作業所の運営」「各種相談事業」
2002年
3月 グループホーム「ポレスト」開設
4月 作業所利用者が38名になり、認可作業所を3箇所とする。
心の居場所フリーハウス事業として引き受ける。
障害児学童クラブスタート
10月 釧路市児童家庭課からの委託事業「家庭生活支援事業」スタート(2005年3月終了)
2003年
  支援費制度スタート等に伴い以下の事業を新設
4月 知的障害者デイサービスセンター「貝塚ぽれっと」「鳥取ぽれっと」 
児童デイサービスセンター「ぽれっこ倶楽部」
居宅介護ステーション「PASS」
5月 児童デイサービスセンター「第2ぽれっこ倶楽部」「ちびぽれ倶楽部」
7月〜12月 チャレンジショップ出店
10月 児童デイサービスセンター「第3ぽれっこ倶楽部」 
レストラン「ハーバー」(2005年6月閉店)
2004年
4月 コミュニティー下宿「クローバー」オープン
6月 知的障がい者移動介護従業者養成研修事業スタート。 
ガイドブック「みんなのゴキゲン子育て」改訂版刊行
2005年
4月 児童デイサービスセンター「第4ぽれっこ倶楽部」開設 
グループホーム「ポレスト」を自立ホームへ独立
7月 釧路圏域障がい者総合相談支援センター事業
「くしろコミュニティサロン いんくる」開設
釧路市生活福祉課からの委託事業「自立生活支援事業」スタート
12月 地域生活体験事業所「フルハウス」開設
2006年
3月 福祉有償運送(80条認可)事業開始
10月 障害者自立支援法の全面施行にともない事業をリニューアル
(現在の事業体系へ)
2007年
4月 地域貢献事業として「生活介護事業所ふれあい」の連携・協働運営スタート
8月 モデル事業として「コミュニティハウス冬月荘」を開設
 10月  就労支援、コミュニティ事業として岩盤浴「波動空間 爽」の運営スタート
2008年
1月 高校進学支援事業「Zっと!Scrum」スタート
7月 ホームステイプログラムスタート
12月 女性の学び支援事業スタート
2009年
4月

生活介護事業所「ふれあい」運営

地域密着型コミュニティハウス普遍化事業(WAM、2か年)スタート

8月 児童デイサービス「みなみな」の協働運営
10月

フレキシブル支援センター推進モデル事業(3か年)スタート

2010年
2月

 全国まじくるフェスタinくしろ2010 開催

5月

 法人本部を現在の柏木町2-8に移転 

 地域起業創造センターまじくる 運営スタート

 共生サロンぽれぽれ 運営スタート

10月

 パーソナルサポートサービスモデル事業スタート

 子どもの健全育成支援事業スタート

2011年
2月

全国まじくるフェスタinさっぽろ2011 開催 

5月  地域若者就労支援モデル事業(1か年)「夏月荘」スタート
*

 

2012年
2月

 全国まじくるフェスタin府中2012 開催(東京都)

6月  自立援助ホーム カムイ 運営スタート

 

2013年
3月

全国まじくるフェスタin北芝 開催(大阪府)

認知症対応型デイサービス ぽれぽれ スタート

5月 離職者の安心生活支援事業(2か年) スタート
6月

若者自立支援体制づくりモデル事業(WAM,1か年) スタート

 

2014年
8月

 ワークサロン2(就労継続支援B型) アトリエななみとして再開

 

 

2015年
4月

生活介護事業所ぽれっとを増設 「ぽれっと川北」 スタート