新着情報
新着情報 : 1月の様子
投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2020-02-11 19:37:53 (1165 ヒット)
新着情報

いつも法人の活動へのご理解、ご協力をありがとうございます。
2月になりましたので、1月の様子についてお伝えします。

・放課後等デイサービスで自己評価を実施しています
 昨年度から義務付けられた自己評価について、現在、評価シートを配し、作業を進めています。結果がまとまりましたら、ホームページに掲載したいと思います。

・法人全体研修が始まりました
法人の職員を対象とした全体研修が始まりました。本当はもっと早い時期から実施することが本来ですが、運営体制が整わず、時間がかかってしまいました。今年のテーマは「法人理解」「虐待防止」「リスク管理」の3つです。それぞれのテーマについて事前資料(チェックリスとを含む)を配布し、事前課題に取り組んで、グループワークを行っています。幅広い事業を実施している法人なのでお互いに知らない人や事業もありますので、相互に交流し、理解する機会となります。現在、約100名の職員がいますが、そのうちの正職員とケア業務に従事するパートさんの65名あまりが対象となりますが、4回に分かれ、それぞれ3〜4名のグループで学んでいます。今回は理事や監事の皆さんにも声をかけ、今のところ2名の理事と理事が関わっている団体(NPO法人こども遊学館市民ステージ、一般社団法人北海道セーフティネット協議会)の職員の方にも参加いただきました。外部の人たちも入ることで、自分の仕事についてよりわかりやすく説明する機会になりますし、いい刺激にもなります。
今年度は法人としてキャリアパス制度を作り、それに基づいて人材育成も進めています。まだまだ始まったばかりでバタバタしていますが、しっかりした基盤とビジョンを作り、人材育成を進めていきたいと思います。

・リアル居場所in東京が無事に終了しました
 今年度の単年度事業として実施している「ネットの居場所ポータルサイト」の事業においてもっとも大きなイベントとして予定されていたリアル居場所in東京を1月25、26日で府中市生涯学習セターにて開催しました。関係団体との協働もあり、約60名の方たちに参加いただき、盛況のうちに終えることができました。参加してくださったみなさん、協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

 ・学習支援
 2008年に始まった学習支援も今年度で13期を迎えました。スタート当初より、学校での放課後学習サポートや他スタイルの学習支援も市内に増えたことから参加人数は少なめですが、昨年度から釧路市生活福祉事務所と協働で始まった工作教室は大盛況で1月は20名以上の小学生が集まり工作や実験を楽しんでいました。長く学習支援を担当してくれていた職員が今年度で退職しますが、新体制を組んで新年度を迎えます。

代表理事 日置 真世


印刷用ページ このニュースを友達に送る