投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2021-01-03 12:11:46 (1329 ヒット)
新着情報

新しい年が明けました。
昨年もいろいろとお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。
実は年末の12月26日にネットワークサロンは法人設立20周年を迎えました。
20年…長いようであっという間だったような気がします。

〇グループホームの拡充
 10月からコミュニティホーム大川の隣にあるコーポ大川を一人暮らしタイプのグループホームとしてスタートしました。また、集団生活が苦手な人向けにマンションを活用した2名定員の小さなグループホームも解説しました。
数年前まではなかなかグループホームが増えない状況もありましたが、最近は市内でもグループホームが次々とオープンしています。ただ、重度の身体介護や行動面でのサポートなどを必要とする方たちも安心して利用できるようなグループホームまでは難しいようです。実際に自分たちが運営することを考えても、人の配置を中心として運営がとても大変だなぁと想像します。相談支援事業のサポートに入ることが多くなりましたが、親亡き後やケアをしてきた家族がケアできなくなりつつある際の代わりとして、まだ施設入所という選択をイメージする人が多いように感じています。一方では、アットホームでこれまで暮らしてきた家での暮らしにできるだけ近い形を希望する声もあります。
ネットワークサロンが創設された20年前は地域サービスがほぼなかった時代ですが、最終的な住まいの場としての入所施設という理解は変わっていないのはなぜだろう?もっと身近なところで当たり前に暮らすことはできないのだろうか?といろいろ考えています。今年29歳になる全介助の長女の介護事情が年々厳しくなる現実にも直面化しているので、地域で安心して暮らすというテーマの深さを再認識しています。

〇若者自立プロセス資源化モデル事業
 居住支援、生活支援、就労支援、自立のためのプログラム開発を含めて生きづらさを抱えた若者たちの自立プロセスを確立するための3か年プロジェクトの1年目ですが、試行錯誤で進めています。
居住支援:下宿、社宅の提供、近隣の無料のシェアハウス、空き拠点を活用した居住支援が広がっています。
生活支援:食事提供、相談支援など 個々の必要に応じて日常生活のサポートを行う
就労支援:手当付きの現場実習、個別就労支援プログラムの提供、個々の特性や状況に応じて現場のニーズと若者たちの可能性をマッチングする配慮就労など
プログラム開発:サバイバー研究会から発展して、通信セミナー「私を生きるスキル」シリーズのグループ受講は支援関係者や遠隔の若者含めて25名で情報交換や学びの場を提供し、大きな手ごたえを感じています。東京から来たインターンシップの大学生がザックルで映画鑑賞を継続的に行ったり、そこから人生を聞く・語る会の開催、春採拠点を新たな共同生活拠点としてリニューアルし、感覚統合プログラムなども検討中です。また、大川拠点に「図書室つづく」を開設するための準備も進めています。物づくりや厨房を活用した料理プログラムなども試行する予定です。
体験や移住の推進:以前より関係機関等から依頼を受けて取り組んできましたが、ネットの居場所ポータルサイトや若者同士のつながりによる移住も加わっています。今年度は関係機関から1名、ネットの居場所から2名、メンバーつながり1名、体験滞在3名となっています。
広報活動:専用サイトとPR映像作成を年度内にする予定ですが、まだ途中です。PR映像については若者つながりで東京にて映像と音楽制作をしている方が担当してくれることになり、11月末に撮影のための訪れ、素材をたくさん撮っていきました。

こうした動きに連動する形で、道が推進している移住促進事業の移住支援金の指定業者としての申請を行い、専用の求人サイトに求人を出しました。今のところ反応はありませんが、別ルートでの呼びかけを模索中ですが、死にトリやSNS、関係者やメンバーつながりで徐々に人材がつながっていることから、そうしたつながりも大切にしながら周知をする予定です。
特定非営利活動法人地域生活支援ネットワークサロン の採用・求人|かんたん求人作成 (kantan-kyujin.com)

〇ICTの活用
 介護現場の処遇改善の一つとしても推進されているICTの活用ですが、徐々に取り入れています。もともと、ヘルパー業務の管理については先駆けて取り入れていたのですが、法人全体としては6月からLINEWORKSという情報共有のツールを導入し、正職員全員に業務用携帯を配布しました。また12月からはジョブカンという勤怠管理システムの導入もスタートしました。
 昨年はコロナの影響もあり、ITの活用が格段に進化した年でした。私自身、出張がほとんどなくなり、リモートの会議や打ち合わせなどの仕事が増えました。今後はそうした技術をうまく活用することはますます必要とされると思われます。とても便利である一方でデメリットもあると思いますので、よく考えながら活用したいと思っています。
 道具は使うもので、使われてしまってはいけない…と肝に念じたいものです。